Wootil

ちょっとイイこと、見つけて記録!



Amazonオリジナルブランドのドリップコーヒー「Happy Belly ドリップコーヒー 深いコクのリッチブレンド」が100パック入りでお買い得だったので買ってみました。

手軽に飲めて、そこそこ美味しいコーヒーとしてインスタントコーヒーを愛飲していましたが、ドリップコーヒーの魅力を知り「ドリップ最高!」となってるのが今。

参照:Happy Belly ドリップコーヒー 深いコクのリッチブレンド

ズボラな私はドリップコーヒーがちょうどいい




思い立ったらすぐにコーヒータイムにしたい私は、これまでインスタントコーヒーを飲んでいました。

インスタントコーヒーには、大きな問題があって、コーヒー粉末の量を間違えると、とんでもなく濃厚なコーヒーが出来上がってしまいます。ある程度の目分量を覚えたとは言え、毎回毎回分量を気にしなければならないのがストレスに感じていました。

そこでドリップコーヒーに変えてみたのです。

開封した瞬間からコーヒーの香りに包まれる




ドリップパックを開封した瞬間、コーヒーの香りに包まれ、しばらくぶりのコーヒーらしいコーヒーの雰囲気に包まれました。

ずっとインスタントコーヒーを飲み続けていた私は、コーヒーの香りを楽しむことを忘れてしまっていたようです。

ドリップコーヒーでも「コーヒーを淹れる楽しみ」




猫舌な私は、沸騰させたお湯をしばらく放置してからドリップするのが自分流。最適な温度のお湯が冷めないように、ステンレスマグを使って飲みます。

ドリップパックを使った簡易的なコーヒー抽出ですが、コーヒーをドリップするときは、沸騰直前の90〜95度くらいのお湯が最適温度らしい。

そんな、コーヒー抽出のウンチクを調べていると、ドリップコーヒーではあるものの、粉末のインスタントコーヒーでは楽しめなかった「コーヒーを淹れる楽しみ」を発見できました。

たかがドリップ、されどドリップ。ドリップコーヒーも奥が深いと感じた瞬間です。

梱包されてくるダンボール箱がカワイイ




今回、購入した「Happy Belly ドリップコーヒー 深いコクのリッチブレンド」は、こんな感じでダンボール箱に100パック無造作に入れられた状態で送付されてきます。

オフィスで利用することが想定されたものなのか、箱の側面に切り取り線が用意されており、線に沿って切り取ると取り出し口を作ることができます。パントリーに収納する時に、この取り出し口の存在のありがたみを実感しました。

ドリップコーヒー1つでコーヒーを味わう体験を


私みたいにズボラでインスタントコーヒーばかりの毎日だった人は、ドリップコーヒーに変えるだけで、日々の休憩時間が劇的に変化するのを体感できると思います。

コーヒー1杯あたりのコストは20円程度と、決して高額ではありません。小さな出費だけれども、私はこのドリップコーヒーで、とても大きな変化に出会うことができました。




この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

Wootilより最新情報をお届けします

コメント

コメントフォーム

このページのトップヘ